【コース紹介】テクノベートシンキングで一つ上の競争領域へ

ビジネスパーソンが押さえておくべきテクノベートの知識。

コースの講師を務める内山氏は、MECEやロジックツリーなどのクリティカルシンキングの考え方は、人間よりもコンピュータの方が得意領域であると伝えています。

では、人間はどうプレゼンスを発揮していくのでしょうか?

その答えのヒントは、テクノロジーは人間が理解可能な範囲の物量で考えないということ。

グロービス経営大学院で提供している「テクノベート・シンキング」では、テクノロジーを活用して、さらに1つ上の思考を目指す必要があり、その方法を学んでいきます。

人間を超えた処理能力を持つテクノロジーと、どう向き合い、付き合っていくか。

我々はそのテクノロジーをどう活用していくか。

 

6月にはテクノベートシンキングのエッセンスの入った中級コース「ビジネスパーソンの新しい必須知識「テクノベート」基礎」が公開を予定しています。

ぜひその前に、こちらの記事も見ていただくと、より理解が深まると思います。

この機会に学んでみませんか?

◆内山英俊さん「テクノベート・シンキングで1つ上の競争領域へ」

ぜひお読みください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中