【お悩み相談】ビジネス学習に効果的な書籍の選び方とは?

 いつもご利用頂きありがとうございます、
グロービス学び放題事務局です。

1月に募集しておりました 「あなたの学習の悩みにお答えします」 のアンケートへのご協力、誠にありがとうございました。

今回は第二弾としてこちらのご質問にお答えいたします。

質問:
効果的な書籍の選び方が知りたいです。

理由)自分が勉強したいテーマが明確であっても、
書店に行くと非常にたくさんの書籍があり、選択に苦慮しています。
現状は、パラパラ見て自分が読みやすそうなものなど、
感覚で選んでいますが、効果的な選び方や、
ビジネスマンとしてこれは押さえておいた方が良いという書籍が
あれば教えていただきたいです。

こんにちは、Learn how to learn講師の鳥潟です。
頂いたご質問ですが、似たような悩みを持つ方は非常に多いのではないかと思います。

私の経験も踏まえて4つほどポイントをお伝えできればと思います。

1: 学ぶ目的を明確にする

最初に一番大切なことは、『なぜ本を読もうとしているのか?』を自身の中でしっかり言語化することです。

・今の仕事を効率よく進めるため
・2-3年後のキャリアを見据えて必要な知識を得るため
・将来的に起業をしたいので、その準備のため

など、まずは自分の目的を明確にすることから始めるのが大切です。
この目的がないと、いくら良い本を手にとっても自分にとっては価値のない本になります。

次に、これらの目的を「どれくらい時間をかけて学ぶのか」という期限イメージを持つことです。
期限イメージが明確になると、毎月、毎週、毎日の勉強(読書)時間が決まってきます。

2: 不易流行のバランスを持って本を選ぶ

例えば、マーケティング・戦略領域を学びたいとしましょう。

書店に行けばマーケティング・戦略の関連書籍は沢山並んでいます。
ここで避けた方が良いのは、「トレンドに沿った流行本」だけを読みあさることです。
トレンドに沿った本は良く売れるので、本屋でも目立つ場所に並んでいます。
一方でこのような本に見られる特徴は「マーケティングの一部だけを切り取った内容」であったり、「評価が定まっていない著者の経験だけに基づいた内容」であるケースが多いです。
この内容を否定するつもりはありませんが、皆さんが仕事で使うことを想定した場合の「再現性」が低いケースが多いです。

私がお薦めするのは、何年も前に出版された本なのに今尚読まれているような「古典的な名著」を数冊読んで、全体像や本質を抑えることです。
このような本は分厚く、値段も高く、読みにくい内容であることが多いですが、マーケティングの全体像が描かれており、多くの歴史的な事例等から考察が加えられた「評価が定まった内容」であることが多いです。
このような内容は、どのような業種やシーンにおいても普遍的に変わらず適用することが可能であることが多いです。
つまり、皆さん自身が実務で応用しやすい内容であるということです。

マーケティングや戦略に関連する古典的な名著で言えば、以下の2冊をお薦めします。
コトラー&ケラーの マーケティング・マネジメント
競争の戦略|マイケル・ポーター

このような普遍的な概念(不易)をしっかり抑えた上で、時代の先端をいくトレンド(流行)を学ぶことで、皆さんの実践力が高まると思います。

3: ブックメンターを持つ

良い本は、その方の持つ経験や目標によって変わります。
ある方にとっては良い本でも、 他の方にとっては全く無意味な本になります。
そのため、あなたのことを良く知る方で、かつ多くの知識を持つ方を「ブックメンター」に持つことをお薦めします。
ブックメンターとは、あなたに対して適切な本や情報を紹介してくれる方のことです。

実際に私も2名のブックメンターがいます。
何を学ぶか悩んだら、その方々とお会いして自分の問題意識や学びたい内容をお伝えして、良い本を紹介頂きます。
その方々に紹介頂く本は、私にとってとても重要な内容ばかりで、
かつ人生の方向を大きく変えるような本に出会ったこともあります。

是非、皆さんの周りにも、適任者がいないか探してみてください。
このような方に見られる特徴は、非常に多くの知識を保有して、仕事以外の時間でも読書や情報インプットを欠かさず実施している方で、会話に深みのある(情報の引き出しが多い)方であることが多いです。

4: 読書術の関連コンテンツから学ぶ

読書術を学びたい方については、『ビジネスパーソンのための読書法概論』というコンテンツがとてもお薦めです。
ここでは、本の選び方に加えて、効果的な本の読み方も詳しく触れられています。
1時間程度で視聴できるコンテンツになりますので、まだ視聴されていない場合は、ぜひご覧頂くことをお薦めします。

◆キャリア・志に向き合うカリキュラム
◇キャリア・志 実践(実践知)
【ビジネスパーソンのための読書法概論】効率的かつ効果的に本から知識・情報を得るコツを学ぶ

https://hodai.globis.co.jp/courses/ec70fc54?from=mcp20180227b
(視聴時間:57分02秒)

また、読書術を紹介した古典的な名著として以下2冊の本もお薦めします。

ショウペンハウエル『読書について』
J・モーティマー・アドラー『本を読む本』

少しでも本回答が、参考になればと思います。

随時Learn how to learn講師の鳥潟への
学習のお悩みを募集しております。
お気軽にご連絡ください。
問い合わせはこちら

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中